食洗機_比較 PR

【比較】パナソニック_ソロタNP-TML1 vs プチ食洗機NP-TCR4|一人暮らしに向いているのはどちら?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
記事の要点

パナソニックから出ている食洗機に、一人暮らし用に特化されたソロタNP-TML1、2~3人用に作られたNP-TCR4があります。

一人暮らしをされている方がこれから食洗機の購入を考えられる際、どちらが最適かをまとめてみました。

コストパフォーマンス
・本体価格は両者とも差がない
・設置費用を加味するとプチ食洗機NP-TCR4の方が1.9万円程度高い
⇒ソロタNP-TML1はレンタルサービスあり、月々のコストを抑えられる

日ごろの使い勝手
・タンク式のソロタNP-TML1は毎回給水が必要
・据え置き型のプチ食洗機NP-TCR4は自動給水でラク

将来性
・就職などで引っ越しが嵩む場合はソロタNP-TML1の方が低コスト
・ソロタNP-TML1は一人暮らし特化型なので、世帯人数が増えると対応できない
⇒結婚や同棲を控えているならプチ食洗機NP-TCR4が良い

2023年1月、パナソニックは一人暮らし用のタンク式食洗機「ソロタNP-TML1」を発売しました。

一方で、パナソニックからは2~3人用のサイズに対応した「プチ食洗機NP-TCR4」がラインアップされています。

created by Rinker
¥44,200 (2024/05/20 06:52:37時点 楽天市場調べ-詳細)

23/12現在、後継機としてNP-TCR5が販売されています。スペック・寸法は変わりません。

筆者

一人暮らしだからソロタを買おうかと思うけど、本当にそれでいいかな?もっと色々みてから決めようかな。

そんな風にお考えの方のため、まずは1サイズ上の食洗機NP-TCR4と比較し、それぞれに向いている方・向いていない方など紹介したいと思います。

プチ食洗機NP-TCR4以外の食洗機はどうなの?

NP-TCR4と同じサイズの食洗機としてサンコーの「ラクア」、そして「シロカ」があります。上記の3モデルでは、コストパフォーマンス・性能を考えるとNP-TCR4がベスト。

ただ、転勤や引っ越し頻度に応じて最適なモデルが変わってきます。詳しくは下記2記事で解説しているので、参考になれば幸いです。

食洗機の基本性能比較

まずはカタログから性能比較し、その後に食洗機のコンセプトを紹介しますね。

性能比較Summary

まずは大まかな性能の比較から。

ソロタNP-TML1は、中の様子も見えてスタイリッシュなデザインですね。

ソロタNP-TML1は一人暮らし用に作られていて、サイズもA4用紙とほぼ同じです。

場所も取らず、プチ食洗機NP-TCR4に対し6割ちょっとの重さ。

筆者

一人暮らしの住まいは1DK~1LDKがメインでキッチンも然程大きくないので、ソロタのサイズは置きやすいですね。

一方で、1度に洗える食器の点数はプチ食洗機NP-TCR4の1/3しかありません。

1回に2~3皿ずつ使う場合に、ソロタNP-TML1では1日1~2回は運転する必要がありますね。

大枠の比較が完了したので、それぞれのモデルを詳しく見ていきます。

目次へ戻る

【コストパフォーマンス】NP-TCR4 vs NP-TML1

本体価格だけなら同等ですが、設置にかかる初期費用を加味するとプチ食洗機NP-TCR4の方が1.8万円程度高くなる結果。

ただし、ソロタNP-TML1と同じ初期費用で1サイズ大きいラクア・シロカが買えてしまいます。

詳しく紹介しますね。

本体価格の比較

まずは楽天市場・Amazonそれぞれで、23年7月時点の本体価格最安値を比較しました。

ソロタNP-TML1
・楽天市場最安値:37,965円
・Amazon:38,000円

プチ食洗機NP-TCR4
・楽天市場最安値:36,910円
・Amazon:取り扱いなし

筆者

価格差がほぼない。。。むしろプチ食洗機NP-TCR4の方が安い。。。

ただし、設置費用を考えるならソロタNP-TML1は置くだけ、プチ食洗機NP-TCR4は2万円程度のコストを上乗せするためソロタが有利です。

次で詳しく紹介しますね。

初期費用(分岐水栓+設置工事費用)を含めた比較

ただし、設置に際してプチ食洗機NP-TCR4は据え置き型食洗機のため、分岐水栓(約1.2万)・設置工事(外注の場合約0.7万)の合計最大1.9万円が必要となります。

項目プチ食洗機NP-TCR4ソロタNP-TML1
分岐水栓取り付け費用
食洗機取り付け費用
業者に頼む:5,000-7,000円0円
分岐水栓の費用12,000円程度0円
分岐水栓取り付け時間
食洗機取り付け時間
1時間程度10分程度
筆者

ソロタNP-TML1は置くだけで使えるんですが、プチ食洗機NP-TCR4はパーツと取り付けに手間ヒマがかかります💦

そのため、初期費用を含めた正確なコストは以下の通り。

ソロタNP-TML1
・本体価格 37,965円 + 設置費用 0円 = 37,965円

プチ食洗機NP-TCR4
・本体価格 36,910円 + 設置費用 19,000円 = 55,910円

プチ食洗機NP-TCR4の方が、設置を含めた費用は1.8万円程度高くなりました。

ただし、NP-TCR4と同等サイズのタンク式食洗機(ラクア・シロカ)も3万円後半で買えてしまうのも事実。

そのため、キッチンのスペースが許すのであれば、性能を上位互換できる以下の食洗機の方がおススメできます。

シロカは2モデルあり、上位はUV除菌などの機能が付きます。

・シロカ:タンク式食洗機。16点まで洗える。
・ラクア:タンク式食洗機。16点まで洗える。

ソロタNP-TML1が勝る点はスペース

価格に対する容量ではシロカ・ラクアの方が上ですが、一人暮らしのキッチンスペースでも手軽に置きやすいのはどちらかというと、ソロタNP-TML1。

大きさはシロカ・ラクアの半分、大きさは1/3程度です。

ソロタNP-TML1はパナソニックからレンタルサービスあり

初期費用では1サイズ上の食洗機に対しメリットが見られないソロタ。

しかし、パナソニックからはソロタNP-TML1に対しレンタルサービスを設けています。

月々1,290円でレンタルでき、36カ月の契約満了後は食洗機を進呈してくれます。おまけに進呈後1年までの計4年間、食洗機の無償保証付き。

大学から一人暮らしを始めてソロタを使い始める場合でも、レンタルであれば学部生のうちは無償保証してくれます。

筆者

36カ月のレンタル期間で支払い総額は1,290×36=46,440円。
本体価格に対し8,000円程度の増額で済みます。

食洗機レンタルサービスをもっと知りたい!

パナソニックでは、ソロタNP-TML1以外にもスリム食洗機NP-TSP1をレンタルしています。

サービス内容は食洗機に関わらず同じ形式なので、メリット・デメリットなどをパナソニック食洗機NP-TSP1レンタルサービス紹介記事にまとめました。

目次へ戻る

【普段の使い勝手】NP-TCR4 vs NP-TML1

普段の使い勝手は、お皿を洗う際に必要な作業をメインに考えてみます。

NP-TCR4は普段どれくらい活躍してる?

我が家は夫婦共働き家庭ですが、NP-TCR4は平日とても活躍してくれています。

何時に動かすのか?音は気になる?などNP-TCR4使用レビュー記事にまとめてみたので、参考になれば幸いです。

NP-TML1はタンク式のため、毎回の給水が手間

プチ食洗機NP-TCR4とソロタNP-TML1では、食洗機の種類が異なります。

NP-TCR4は蛇口に分岐水栓を繋ぎ給水する据え置き型に対し、NP-TML1はユーザーが水を食洗機のタンクに入れる必要のあるタンク式。

タンク式・据え置き型のメリット・デメリットは以下の様になります。

タンク式と据え置き型の違い

タンク式…備え付けのタンクに水を給水させて動く食洗機
・設置に追加費用・手間が掛からない
・据え置き型食洗機に対し全体的に安い傾向
・運転前は毎回、食洗機のタンクに水を入れなければならない

据え置き型…蛇口から分岐水栓を通し、自動で給水して動く食洗機
・設置に際し、本体以外に分岐水栓・設置工事等に費用が掛かる
・お皿を洗うときは食器・洗剤を入れてスイッチONするだけ

より詳しくは、タンク式・据え置き型食洗機のメリット・デメリット紹介記事にまとめました。

分岐水栓を通して給水を自動でしてくれるプチ食洗機NP-TCR4の方が、普段の使い勝手は良いと言えますね。

筆者

ただし、分岐水栓は蛇口毎に型番が異なり、引っ越す場合は次の賃貸の蛇口に合った分岐水栓を買いなおさなければいけません。

学生のうちから食洗機を使う場合、就職で引っ越しが必要となるので、タンク式の方がコストパフォーマンスは良くなります。次の章で詳しく触れますね。

目次へ戻る

【将来性】NP-TCR4 vs NP-TML1

日ごろの使い勝手についてはNP-TCR4の方が良いと分かりました。では長い目で見ると、どちらの方がおススメできそうでしょうか。

次の2つの視点で見てみました。

・引っ越しを視野に入れる場合
・世帯人数が増える場合

引っ越し回数が多くなるほど、ソロタNP-TML1の方がコストパフォーマンスが良い

据え置き型であるプチ食洗機NP-TCR4を設置する際、参考費用は次の様になります。

項目作業依頼自分で
分岐水栓取り付け費用
食洗機取り付け費用
5,000-7,000円0円
分岐水栓本体価格12,000円程度12,000円程度
分岐水栓取り付け時間
食洗機取り付け時間
1時間程度数時間

大学生からNP-TCR4を使う場合、就職や結婚で引っ越しが必要になる可能性大。

筆者

NP-TCR4の場合、1回の引っ越しで分岐水栓(1.2万)+設置工事(0.7万)の最大1.9万円が追加で発生します。

ソロタNP-TML1であれば、引っ越しの際も新居に置くだけで設置完了。なので、引っ越しに伴う追加コストはかかりません。

対して据え置き型のメリットは運転の時に給水の手間が無いことですが、設置の際に下の2つが必要となります。

蛇口の型番に合った分岐水栓:1.2万円程度
設置工事(賃貸の場合は大家さんに許可を得てから):設置サービスを使う場合は0.7万円程度

普段の使い勝手をお金で買う!という方であれば良いですが、少しでも節約したい方には、タンク式食洗機であるNP-TML1の方が良いですね。

結婚・同棲後も使えるのがNP-TCR4

一方でソロタNP-TML1は食器を6点までしか洗えないため、2人暮らし以上の生活には対応できません。

筆者

2~3人用の食洗機にはプチ食洗機NP-TCR4(食器18点まで)が最適です。シロカのスタンダードモデル・ラクアも同サイズ(食器16点まで)でNP-TCR4より安いですが、乾燥モードを外せないため最低90分程度かかります。。

今は一人暮らしでも、近い将来に同棲や結婚が控えている方にとっては、プチ食洗機NP-TCR4・NP-TCR5の方が適しています。

既に同棲or結婚している方は?

2~3人用に作られたNP-TCR4ですが、以下の様なご家庭の場合はNP-TSP1がおススメです。

現在2人暮らしでお子さんを考えている方
パートナーのどちらかが平日も家にいる可能性が増える方。

NP-TSP1はNP-TCR4より6点多い24点までの食器が洗えて、タンク式・据え置き型の切替が可能。我が家ではNP-TCR4を買った数か月後にデビューしたので、もう少し待てばよかった…と少し後悔しています。

目次へ戻る

【話題性】NP-TCR4 vs NP-TML1

最後は少し違う視点ですが、パナソニックがどちらの食洗機に力を入れているか見ていきます。

筆者

パナソニックが最近特に力を入れているのは、ソロタNP-TML1とスリム食洗機NP-TSP1の2つです。パナソニックからレンタルサービスも展開していて、人気の機種たちですね。

23/7現在、Yahooショッピングのランキング検索では、SOLOTA_NP-TML1が2位、プチ食洗機NP-TCR4が3位に並んでいました。

画像引用元:Yahoo!ショッピング | LINEショッピング

ソロタNP-TML1は「推しの子」コラボ開催中

週刊ヤングジャンプ・少年ジャンプ+で連載され、テレビアニメ化もされた人気漫画「推しの子」。

画像引用元:【推しの子】食洗機 | コンテンツ一覧 | 食器洗い乾燥機(食洗機) | Panasonic
筆者

YOASOBIの「アイドル」がオープニング主題歌になっていますよね。

ソロタNP-TML1は「押しの子」とコラボしたCMを展開・コラボグッズプレゼントキャンペーンを展開するなど、世間への認知にも力を入れています。

筆者

23年7月10日までにソロタNP-TML1を購入された方に抽選300名で、押しの子とのコラボグッズプレゼントキャンペーンを展開するなど、とても力を入れている食洗機です。

目次へ戻る

まとめ

今回はパナソニックから販売されている「ソロタNP-TML1」「プチ食洗機NP-TCR4」を比較しました。

まとめ

コストパフォーマンス
・本体価格は両者とも差がない
・設置費用を加味するとプチ食洗機NP-TCR4の方が1.9万円程度高い
・ソロタNP-TML1はレンタルサービスあり、月々のコストを抑えられる

日ごろの使い勝手
・タンク式のソロタNP-TML1は毎回給水が必要
・据え置き型のプチ食洗機NP-TCR4は自動給水でラク

将来性
・就職などで引っ越しが嵩む場合はソロタNP-TML1の方が低コスト
・ソロタNP-TML1は一人暮らし特化型なので、世帯人数が増えると対応できない
・結婚や同棲を控えているならプチ食洗機NP-TCR4が良い

ソロタNP-TML1もプチ食洗機NP-TCR4も、食洗機自体の洗浄力としては申し分ないレベルです。

なので、ご自身の生活様式や将来にマッチする方の食洗機で、生活を豊かにしていきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!